2011年3月22日 (火)

由布院美術館と放浪詩人画家、佐藤渓

仕事が休みだったので、ふらりと列車に乗り
由布院へ行ってきました。
世間は東北関東大震災で大騒ぎのなか、我ながら
何をやっているのかと思いながらでしたが、自身
の鬱屈した気持ちを解放する目的でもありました。

普通列車で一時間足らずの移動中、日本有数の
温泉観光地が、料金も片道千円足らずで行ける
場所に住んでいることを改めて幸せに感じました。

そして向かった先は金鱗湖ではなく、由布院美術館。

由布院の人工的・商業的な町並みとは一線を画し
中庭を持った回廊式のこの美術館では、放浪の
詩人画家、佐藤渓の作品を扱っています。

戦後すぐに画家としての活動を開始し、極貧の
中で日本中を放浪しながら詩と絵を書き続けた
孤高の作品群に触れ合ってきました。

昨年には没後50年を迎え、今回行なわれている
企画では初展示となる作品も多く見られました。

同時に展示されている詩にも目を見張りました。
生涯貧乏を友に過ごした芸術家の言葉に、自らを
悲観するものはなく、却って誇り高いものを感じ
ました。
それらが散文詩「貧乏神」や「疫病神」という
作品に表現されていました。

おかげさまで、僕自身の心もスッキリとした
ものになりました。そのような芸術家です。

30分足らずで見れる小さな美術館ですが、必ず
満足のいくものに出会えると思います。
あえてリンクは貼りません。由布院へお越しの
際は、是非足をお運び下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

文殊の智慧に願いを込めて

昨日(3/15)仕事が休みだったので、国東にある
「文殊仙寺」へ行ってきました。

http://www.monjyusenji.com/

ことわざ「3人寄れば文殊の知恵」の発祥といわれる
寺で、丹後(京都)の切戸の文殊、大和(奈良)の安倍の文殊
と並ぶ「日本三文殊」のひとつに数えられる名刹です。

注:日本三文殊には諸説ありますので、東北や四国を
  三文殊の一つとする話もあります。ここでは大分の
  文化の紹介として紹介しております。

今年は12年に1度だけの「御本尊御開帳」が行われると
あって、衝動的に行ってきました。
車を走らせること約2時間、途中離合できないほどの
細道を登り、文殊仙寺入り口に到着。ここからは徒歩
で入山となります。

約10分ほどかけ、途中手すりが必要なほどの苔の
生えたの大階段を登り、息を切らしながら本堂へ
到着。洞窟の中に作られた本堂は神秘的で、まさに
筆舌に尽くしがたしとしか表現できません。

志納金500円を支払い、いざ御本尊を拝観。暗がり
のせいもあり、はっきりとは見えませんでしたが、
個人的には本尊の裏で見た岩肌と智慧の水の味が
忘れられませんでした。

最後に護摩木に願い事を書いて奉納。久しぶりに
大分の自然を満喫した小旅行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

被災者への祈り

先週の金曜日からテレビ番組が全て報道番組に変わり
毎日何回も総理大臣と官房長官が説明を行なっている。

原発事故は徐々に深刻さを増してきている。

同じ日本で起こっていることなのに、何もできない自分。
いや、できないと思っている自分。

できることだけやろう。募金の金額や、こうやって
日記でつぶやくだけで世界が変わるなんて思ってない。
一人ひとりが祈ることが大事だと思う。

祈りは通じるはず。福島は去年声楽アンサンブルで
行って来た場所だ。海側は行ってないけど、福島の
あたたかい人の優しさはしっかり覚えている。
だから、福島だけでなく東北の人たちには生きて
欲しい。

名前も顔も知らない皆さん、どうか生きて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

9月24日から30日までの1週間に仕事をしてましたか

気がつけば誕生日から未更新でした。

さて、10月は5年ぶりの国勢調査の季節ですね。
3日前(9/28)、調査員が自宅を訪問してきました。

5年に一度の国家プロジェクトにきちんと対応する
ことで、ささやかながら日本人の一人として責務を
全うすることに満足を感じる今日この頃です。

最近は不審な訪問も多いので、なかなか信用されず
調査票の配布どころか、居留守を使われるケースも
増えているそうです。

少なくとも僕はそんな一人にはなりたくないなと
思います。

5年前と同じように調査票を受け取り、本日記入しました。
(10/1 午前1時現在)

記入の最中、ある一文に気がつく。

「9月24日から30日までの1週間に仕事をしてましたか」

この一週間になぜ仕事をしていたのか聞くのはなぜだろう?

そもそもこの一週間に設定しているのはなぜ?

ていうか、そもそも仕事をしているかどうかを聞く理由は?

刑事の聞き込みみたいな怪文を長め、15分ほど鉛筆を
持った手は、次の一画を書き出せずにいました。

なんだこれは?国家の陰謀か?
テロリスト、もしくはそれに準ずる危険人物を
あぶり出すための作戦なのか?

いろいろな空想が頭をかけめぐる。

ひょっとしたらこの一文をタイトルにして、
面白い小説でもかけるのではないか。

そんなことを思いながらもう一度頭から
「記入のしかた」を読み返してみる。

コールセンターに電話しようにも
午前8時〜午後9時で時間外だし。
(午前1時現在)

ようやく一つの回答にたどりつきました。
答えは「記入のしかた」に書いてます。
解釈はそれぞれの想像にお任せします。

それでは今夜はこのあたりで。

| | コメント (0)

2010年7月12日 (月)

誕生日。

本日7月12日を持ちまして33歳になりました。
いや、なってしまったと言うべきでしょうか。

今まで多くの人の世話になりながら、また多くの
人に迷惑をかけながら、この歳まで生きてしまった
という後ろめたさがあります。

しかしながら、大きな病気せず、また大きな怪我も
せずに生きてこられたのも、いずれ何か意味がある
のではないかと思いながら、今日一日を過ごしました。

僕には大切に思っている人が居て、その人はどんなに
僕が情けなくても、何も言わずに一緒に居てくれます。
僕が一番辛いときも、その人は一緒に居てくれました。
今日もほぼ一日一緒に居ました。
いつも一緒に居てくれて、ありがとう。

先日は友人の結婚式で、旧友たちと時間の経過を感じ
させない話をしていました。皆歳を取ったけど、昔の
ままの笑顔でした。彼らにも負けたくないなぁ。
見ていてくれよ、みんな。

そして、しばらく会っていないけど、ふるさとには
僕を育ててくれた両親と、僕を励まし、道を照らして
くれた姉・兄が居ます。まだまだ恩返しは出来ていない
けど、もう少し待っててね。

そして今は会っていないけれど、心底信じている
友達が居ることを思い出しました。また会いたいなぁ。

いろんな事を思い出し、「よし、まだ自分には大切な
人が居る。会いたくなる仲間が居る。いつの日か、心の
底から笑える日が来るまで、今を生きてやろう。日々
命を使い切ってやろう」と思いました。

|

2010年5月25日 (火)

6月13日(日)酒蔵でコンサートします。

一気に日付は6月に飛びます。

来る6月13日(日)大分市中戸次
にあります「帆足本家酒造蔵」にて

第三回悦声歌声演奏会
(えっせいぼーかるこんさーと)
が開催されます。

開演は16時
入場無料となっております。

全てボーカルによるコンサート。
ポップスあり、民謡あり、JAZZあり、
クラシックありの、何でもござれの
コンサートです。

僕はルネサンス期のミサ曲と
ジャズコーラスを演奏します。

是非お越し下さい。

帆足本家酒造蔵はこちら
http://www.hoashi-honke.jp/sketch/sakagura.html

| | コメント (52) | トラックバック (0)

今更アンサンブル結果報告。

ひっさびさの更新です。相変わらず筆無精(?)な
自分が情けないです。

早速ですが3月の報告です。

3月20日(土)
福島市で行なわれる
「第三回声楽アンサンブルコンテスト全国大会」
へ向け出発。
10:35  約5年振りの飛行機で大分空港→羽田空港
12:00  羽田空港→京浜急行で品川駅へ
13:00頃 品川でJR山手線乗り換え→東京駅へ
14:08  東京駅で新幹線MAXやまびこ119号で福島駅へ
15:46  福島駅着。ホテルチェックイン。

その後、県文化センターにて練習・ミーティング(代表者のみ)
ホテル着、夕食・就寝。

3月21日(日)
第三回声楽アンサンブルコンテスト全国大会 本番当日。
我がチーム「lecca-lecca」の本番は15:45。
それまでに行なわれる。

高等学校部門(後半)・一般部門

・・・を見るかと思いきや、折角なので福島観光。
猪苗代まで足を伸ばし、野口英世記念館にて氏の
功績を学ぶ。
喜多方ラーメン(チェーン店?)を食し会場へ。

本番前後に6団体ほど鑑賞したが、どれもなかなかの
強者ぞろい。大丈夫か?lecca-lecca。

・・・本番終了。結果は「優良賞」。
合唱コンクールとは違い、金・銀・銅の数が決まって
おり、それ以外は全て「優良賞」。
つまり「遠いところご苦労様。良い演奏を有難う。」
ってところでしょう。

しかし得るものは多かったです。素人の団体で、別に
それで儲けようというわけではないのに、プロ顔負け
の演奏。音楽というものの奥深さを知りました。

後は音楽史学者の皆川達夫先生を間近で見れたこと。
先祖は武家らしく、気品のある立ち居振る舞いでした。

3日目の本戦は鑑賞せず、東京観光をおこないました。
はとバスで名所巡りをしたりと贅沢な旅でしたが、仲間
と呼べるメンバーと寝食をともにし、良い経験ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

声楽アンサンブル全国大会出場確定。

先日の続き。ついに確定しました。「第3回
声楽アンサンブルコンテスト全国大会」
への出場が。

http://www.pref.fukushima.jp/bunka/seigaku/ensembletop.html

生まれて始めての全国大会出場。かなり
緊張しています。

先日のボーカルアンサンブルでの成績を
評価されての全国大会進出。本来は次点
でしたが、1位団体が別スケジュールの
都合で辞退したための繰り上げ出場ですが、
これも何かの天啓と捉え、頑張って行きたい
と思っております。

しかし福島県かあ、遠いなあ。今まで
東京よりも上に行ったことがありません。
3月でも寒いのでしょうか?
あとは仕事のスケジュール調整です。
公私ともに課題は山積みです(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月14日 (日)

ボールアンサンブルフェスティバル終了!(2位!?)

本日(2/14)、合唱連盟主催のイベント
「ボールアンサンブルフェスティバル」が
終了しました。

結果は「フェスティバル賞」を頂きました。
ここ数年連続で頂いてますが、今回どうやら
2位のようです。(とある事情で判明?)

ついでと言っては何ですが、本日TSUTAYAに
CDを返しに行ってきたので、2010/2/14
現在のランキング2位を調べてきました
(大分賀来店データ)

【レンタル部門】

<新作DVD(洋画)>
トランスフォーマーリベンジ

<準新作DVD(洋画)>
スラムドッグミリオネア

<新作DVD(邦画)>
ルーキーズ「卒業」

<準新作DVD(邦画)>
GOEMON(ゴエモン)

<テレビドラマ>
LIER GAME(ライアーゲーム)

<TSUTAYAオススメ洋画>
エンバー:失われた光の物語

<マキシシングル>
中島美嘉「ALWAYS」

<邦楽アルバム>
ヒルクライム:リサイタル

<洋楽アルバム>
V.I.P.-ホット・R&B
/ヒップホップ・トラックス6-

<少年コミック>
ぬらりひょんの孫

<青年コミック>
聖(セイント)☆おにいさん

<女性コミック>
好きです鈴木くん!!

【販売部門】
<洋楽アルバムCD>
グラミーノミニーズ2010

<邦楽アルバムCD>
木村カエラ「5years」

<シングルCD>
東方神起「BREAK OUT!」

<DVD>
プリズン・ブレイク
「ファイナル・ブレイク」

<音楽DVD>
ヘキサゴンファミリーコンサート

大きな2位、大事にしていきたいです。
まだ未決事項があるので、決定しましたら
公表します。

今日はこの辺で。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

ボーカルアンサンブル「lecca-lecca」。

今日は2/14(日)に行なわれる
「第11回ボールアンサンブルフェスティバル」
の練習を行ないました。

http://www.oct-net.ne.jp/~zakimiya/

僕の参加団体は「lecca-lecca」と
書き、「レッカレッカ」と呼びます。

意味はイタリア語で「ぺろぺろキャンディ」
という意味です。

今回は中世イタリアのマドリガル(多声世俗歌曲)、
今で言うと「アカペラのポップス歌謡」と言った
ほうがわかり易いですね。

本番前の合わせでは本番前日を除いて最後の
練習でした。

個人的には楽しみです。お暇な方は観に来て
下さいね。

あと、同じ曲で2/20(土)にも下記内容にて歌います。

Saturday Concert—
日本キリスト教団大分教会火災復旧支援のために—

日 時 : 2010年2月20日(土) 午後13時〜
会 場 : 大分キリスト教団大分教会礼拝堂
住 所 :大分市舞鶴町1丁目3−23
(入場無料)

こちらも是非どうぞお越し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«北九州での一日。