« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年6月10日 (水)

時の記念日

久々の更新。

今日、6月10日は「時の記念日」だそうです。
あるコラムからの転載ですが、天智天皇が水時計
をセット、時を告げる鐘を初めて鳴らしたのが
西暦671年の今日だったとのこと。

この日から、日本で時間を計る概念が生まれた。
わけではありません。

正式には、1920年に東京天文台と生活改善同盟会に
よって制定された。日本国民に「時間をきちんと守り、
欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と呼びかけ、
時間の大切さを尊重する意識を広めるために設けられた。
記念日ではあるが国民の祝日ではない。
(Wikipediaより引用)


この
「欧米並みの生活の改善・合理化を図る」
という目的の元、
日本人はがむしゃらに働きました。
働いて働いて働いて・・・
気がついたら、欧米人よりも働いている昨今。

働く時間は増えたけど、「生活の改善・合理化」
は未だ実現されていないような気がします。

かたや仕事が無く休みを余儀なくされる
人たちの存在。こちらにも「生活の改善・
合理化」という言葉は当てはまらないよう
な気がします。

「生活の改善・合理化」は、90年近く経った
日本での課題なんだなあ。と、自分では抱えきれ
ない考えをふと思った時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »