« 2010年10月 | トップページ

2011年3月22日 (火)

由布院美術館と放浪詩人画家、佐藤渓

仕事が休みだったので、ふらりと列車に乗り
由布院へ行ってきました。
世間は東北関東大震災で大騒ぎのなか、我ながら
何をやっているのかと思いながらでしたが、自身
の鬱屈した気持ちを解放する目的でもありました。

普通列車で一時間足らずの移動中、日本有数の
温泉観光地が、料金も片道千円足らずで行ける
場所に住んでいることを改めて幸せに感じました。

そして向かった先は金鱗湖ではなく、由布院美術館。

由布院の人工的・商業的な町並みとは一線を画し
中庭を持った回廊式のこの美術館では、放浪の
詩人画家、佐藤渓の作品を扱っています。

戦後すぐに画家としての活動を開始し、極貧の
中で日本中を放浪しながら詩と絵を書き続けた
孤高の作品群に触れ合ってきました。

昨年には没後50年を迎え、今回行なわれている
企画では初展示となる作品も多く見られました。

同時に展示されている詩にも目を見張りました。
生涯貧乏を友に過ごした芸術家の言葉に、自らを
悲観するものはなく、却って誇り高いものを感じ
ました。
それらが散文詩「貧乏神」や「疫病神」という
作品に表現されていました。

おかげさまで、僕自身の心もスッキリとした
ものになりました。そのような芸術家です。

30分足らずで見れる小さな美術館ですが、必ず
満足のいくものに出会えると思います。
あえてリンクは貼りません。由布院へお越しの
際は、是非足をお運び下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

文殊の智慧に願いを込めて

昨日(3/15)仕事が休みだったので、国東にある
「文殊仙寺」へ行ってきました。

http://www.monjyusenji.com/

ことわざ「3人寄れば文殊の知恵」の発祥といわれる
寺で、丹後(京都)の切戸の文殊、大和(奈良)の安倍の文殊
と並ぶ「日本三文殊」のひとつに数えられる名刹です。

注:日本三文殊には諸説ありますので、東北や四国を
  三文殊の一つとする話もあります。ここでは大分の
  文化の紹介として紹介しております。

今年は12年に1度だけの「御本尊御開帳」が行われると
あって、衝動的に行ってきました。
車を走らせること約2時間、途中離合できないほどの
細道を登り、文殊仙寺入り口に到着。ここからは徒歩
で入山となります。

約10分ほどかけ、途中手すりが必要なほどの苔の
生えたの大階段を登り、息を切らしながら本堂へ
到着。洞窟の中に作られた本堂は神秘的で、まさに
筆舌に尽くしがたしとしか表現できません。

志納金500円を支払い、いざ御本尊を拝観。暗がり
のせいもあり、はっきりとは見えませんでしたが、
個人的には本尊の裏で見た岩肌と智慧の水の味が
忘れられませんでした。

最後に護摩木に願い事を書いて奉納。久しぶりに
大分の自然を満喫した小旅行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

被災者への祈り

先週の金曜日からテレビ番組が全て報道番組に変わり
毎日何回も総理大臣と官房長官が説明を行なっている。

原発事故は徐々に深刻さを増してきている。

同じ日本で起こっていることなのに、何もできない自分。
いや、できないと思っている自分。

できることだけやろう。募金の金額や、こうやって
日記でつぶやくだけで世界が変わるなんて思ってない。
一人ひとりが祈ることが大事だと思う。

祈りは通じるはず。福島は去年声楽アンサンブルで
行って来た場所だ。海側は行ってないけど、福島の
あたたかい人の優しさはしっかり覚えている。
だから、福島だけでなく東北の人たちには生きて
欲しい。

名前も顔も知らない皆さん、どうか生きて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ