2011年3月22日 (火)

由布院美術館と放浪詩人画家、佐藤渓

仕事が休みだったので、ふらりと列車に乗り
由布院へ行ってきました。
世間は東北関東大震災で大騒ぎのなか、我ながら
何をやっているのかと思いながらでしたが、自身
の鬱屈した気持ちを解放する目的でもありました。

普通列車で一時間足らずの移動中、日本有数の
温泉観光地が、料金も片道千円足らずで行ける
場所に住んでいることを改めて幸せに感じました。

そして向かった先は金鱗湖ではなく、由布院美術館。

由布院の人工的・商業的な町並みとは一線を画し
中庭を持った回廊式のこの美術館では、放浪の
詩人画家、佐藤渓の作品を扱っています。

戦後すぐに画家としての活動を開始し、極貧の
中で日本中を放浪しながら詩と絵を書き続けた
孤高の作品群に触れ合ってきました。

昨年には没後50年を迎え、今回行なわれている
企画では初展示となる作品も多く見られました。

同時に展示されている詩にも目を見張りました。
生涯貧乏を友に過ごした芸術家の言葉に、自らを
悲観するものはなく、却って誇り高いものを感じ
ました。
それらが散文詩「貧乏神」や「疫病神」という
作品に表現されていました。

おかげさまで、僕自身の心もスッキリとした
ものになりました。そのような芸術家です。

30分足らずで見れる小さな美術館ですが、必ず
満足のいくものに出会えると思います。
あえてリンクは貼りません。由布院へお越しの
際は、是非足をお運び下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

北九州での一日。

昨日(1/31)、北九州へ行ってきました。
目的は、北九州市立美術館で開催中の
「クリムト、シーレウィーン世紀末展」
の鑑賞と、友人が所属している音楽団体、
「ミュージカル・クリエーション」
の公演を観に行くことでした。

前日深夜に北九州に到着・宿泊し、翌朝
まずは北九州市立美術館へ向かいました。

http://kmma.jp/index.html

そこで19世紀末のウィーンで生まれた
絵画の数々を鑑賞。クリムトやシーレの
作品の持つエネルギーを十分に受け、感動
しました。

その後、「ミュージカル・クリエーション」
の第7回目の公演を鑑賞。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~musical-creation/

いままでで観た彼らの公演の中で、一番良い
ものを観る事ができました。

わずか20名程のメンバーが持つポテンシャル
と今までに見なかった友人たちの迫真の演技の
数々、こちらも魅了されました。

以前からメンバーである友人たちと会う機会毎に
参加を勧められながらも、物理的・経済的な理由
によりその機会を得る事はできていません。
しかしながら、今回の公演を観る中で、彼らの為
に何かできることがあればと考えながら、彼らに
何らかの形で関わることができれば良いなと感じ
つつ、早々に会場を後にしました。

来年はどのようなステージを見せてくれるので
しょうか。とても楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

題名のない音楽家の訃報

ピアニストの羽田健太郎(はねだ・けんたろう)さんが
2日午後11時53分、肝細胞がんのため、東京都新
宿区の病院で亡くなりました。58歳だそうです。

毎週楽しみに見ていた「題名のない音楽会21」
司会を2000年4月から務めてましたが、5月中旬
から体調を崩し、入院していたとのこと。

ピアニストだけでなく、スタジオミュージシャンとい
うもう一つの顔を持ち、ジャンルを問わずさまざま
なミュージシャンとの共演を行い、ニュースステー
ションでは富士山頂でのピアノ演奏を披露するな
ど、エンターテイナーとしても一流の音楽家の余
りにも突然の死、本当に惜しい人を無くしたと思い
ます。

「題名のない音楽会21」は収録番組なので、最近
まで元気そうな羽田さんの姿をみていただけに、
未だに亡くなられたという実感がありません。
もっといろんな音楽を紹介して欲しかったと
思います。

今は哀悼の意を込めて、フォーレのレクイエム
を聴きながらブログを書いてます。
さようなら羽田さん、素敵な音楽を有難う。

|

2006年9月21日 (木)

お、オトコが花なんてのはな(略)

本日英会話でした。最初のころは予習をしなかったので、かなり
グダグダでしたが、最近は予習も習慣づいてきたのでレッスンに
ついていけるようになってきました。

やっぱ予習と復習は大事ですね。
ちなみに僕の居るクラスは5人で、僕以外全員女性です(照)
面子を申しますと
高校の先生らしき方々がお二人と大学生姉妹がお二人です。

んで、今日はクラスメイトの女の子(大学生)からおはぎを頂き
ました。おばあちゃんの手料理とのことで先ほど食しましたが
かなり美味でした。

ちなみに、今日はお彼岸ですね。今年の秋のお彼岸は、秋分の日
(9/23、彼岸の中日)をはさんだ前後3日、9/20(彼岸の入り)
から9/26(彼岸の明け)になります。

↑と、いうことが花キューピットの会員メールで来ておりました。
以前とある人にお花を贈る用件がありまして。それからメールが
来るようになりました。

結構季節や日本の習慣について触れた話題をメールで知らせて
くれるので、非常に風流でよいですね。

仏教の習慣ですから、宗教に違いがあるとは思いますが、彼岸は
「到彼岸」(彼岸に到ると書きます)を略したものだそうです。
文字通り彼岸へ到達するという意味で、彼岸とは悟りの世界を意味
しているとのこと。迷いや苦悩に満ちたこちら側の岸(此の岸)に
対して、あちら側の岸(彼の岸)、つまり極楽浄土のことを指して
いるのだそうです。

ちなみにこちらのサイトで調べて見ました。
http://www5.ocn.ne.jp/~shouonji/houwa/akihigan.htm

基本的に「仏神は尊し、仏神をたのまず」の自分ですが、とてもよい
お話が書いてましたので、読んで見てください。

「日の丸・君が代問題」のニュースを読んで、ちょっと日本人の
アイデンティティに関心を持った一日でした。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/hinomaru_kimigayo/

ちなみに今日の英会話での最初のトピックスがこの話でした。
先生、読売の英語版読んでて、かなりの時事ネタ通です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)