2011年3月16日 (水)

文殊の智慧に願いを込めて

昨日(3/15)仕事が休みだったので、国東にある
「文殊仙寺」へ行ってきました。

http://www.monjyusenji.com/

ことわざ「3人寄れば文殊の知恵」の発祥といわれる
寺で、丹後(京都)の切戸の文殊、大和(奈良)の安倍の文殊
と並ぶ「日本三文殊」のひとつに数えられる名刹です。

注:日本三文殊には諸説ありますので、東北や四国を
  三文殊の一つとする話もあります。ここでは大分の
  文化の紹介として紹介しております。

今年は12年に1度だけの「御本尊御開帳」が行われると
あって、衝動的に行ってきました。
車を走らせること約2時間、途中離合できないほどの
細道を登り、文殊仙寺入り口に到着。ここからは徒歩
で入山となります。

約10分ほどかけ、途中手すりが必要なほどの苔の
生えたの大階段を登り、息を切らしながら本堂へ
到着。洞窟の中に作られた本堂は神秘的で、まさに
筆舌に尽くしがたしとしか表現できません。

志納金500円を支払い、いざ御本尊を拝観。暗がり
のせいもあり、はっきりとは見えませんでしたが、
個人的には本尊の裏で見た岩肌と智慧の水の味が
忘れられませんでした。

最後に護摩木に願い事を書いて奉納。久しぶりに
大分の自然を満喫した小旅行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

竹田&豊後大野日帰りツアー(全編)

本日(日付で言うと昨日)4/9月曜日、行ってきました
イチゴ狩り。ええ、彼女とですが何か?

昨日までの曇天とはうってかわって、空は日本晴れの
なかなか良い天気でした。

AM9:00から車を竹田市まで走らせ、まずは岡城址へ。
AM10:00岡城址到着。
五年以上大分に住んでいながら、いままで訪れていなか
ったのですが、初めて来場すると「入城券売場」と・・・。
金を取るのか!?と一瞬戸惑うものの、金を払わないこと
には入城できないので、300円を支払うと巻物状のパンフ
と入城手形を受け取る。パンフには城の概略と地図が書
かれておりなかなか便利なものとなっていました。

「荒城の月」のモデルであり、国の指定史跡となっている
岡城址は、通路が歩きやすいよう清掃されている程度で
手すりも柵もなく、下手をすれば石垣の端から奈落の底
まで落っこちそうなくらい危険ですが、逆にその不便さが
今は石垣のみとなっている城址に在りし日の面影を想像
させてくれるような気がしました。

帰りに駐車場併設のお土産屋に入ると、しきりに「荒城の
月」が流れていました。これがまたねっとりとしたテノール
歌手で、ビブラートかかりまくりのおどろおどろしい歌い方
が個人的にはヒットしていました。(次回につづく)

|